Excelist HomeExcel 入門Excel 基本Excel 関数Excel TipsCSVファイルダウンロード
エクセル特集Check! | プレゼント・キャンペーン情報 |  Excel ショートカット |  ガイドブック | リンク |  お問い合わせ |  更新履歴 
 Home > Excel FAQ

Excel FAQ:

-エクセルの操作-

プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法を教えてください。



エクセルの「プルダウンリスト1」と「プルダウンリスト2」の二つの入力規則を連動させる方法です。この方法を知っておくと何かと便利です。ぜひ一度、以下の手順をご参考に試してみてください。

以下の例では、日本の各地方を選択すると、該当する都道府県名が選択できるようにエクセルファイルを作成していきます。

※最初のプルダウンリストで「北海道・東北地方」を選択すると、次のプルダウンリストで「北海道、青森県、岩手県、宮城県、秋田県、山形県、福島県」が連動し、選択が可能となるように設定していきます。

1.リストとなるデータを用意します。(今回はSheet2へ以下を作成しました)
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


2.セルの範囲に名前を付けます。今回は最初のプルダウンリストとなる、各地方(A1セルからG1セルまで)を選択し、名前ボックスへ「地方」と入力しました。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


3.全ての地方、全ての都道府県(A1セルからG10セルまで)を選択し、数式タブの「選択範囲から作成」をクリックします。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


4.「選択範囲から名前を作成」画面が表示されたら、「上端行」にチェックを入れて「OK」ボタンをクリックします。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


5.Sheet1へ移動し、A1セルへ「地方」、B1セルへ「都道府県」と入力し、以下のように罫線をひきます。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


6.A2セルを選択します。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


7.A2セルを選択したまま、データタブのデータツールグループにある「データの入力規則」をクリックします。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


8.「データの入力規則」画面が表示されたら、「入力値の種類」で「リスト」を選択し、「元の値」には「=地方」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


9.上記6同様に、次はB2セルを選択し、データタブのデータツールグループにある「データの入力規則」をクリックします。

「データの入力規則」画面が表示されたら、「入力値の種類」で「リスト」を選択し、「元の値」には「=INDIRECT(A2)」と入力し、「OK」ボタンをクリックします。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


10.「元の値はエラーと判断されます。続けますか?」が表示されたら「はい」ボタンをクリックします。
プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


11.以上で、A2セルのプルダウンリストで選択した内容に連動して、B2セルのプルダウンリストが表示されます。

(例)関東地方を選択の場合のB2セルのプルダウンリスト。

プルダウンリストで選択した値に対して、別のプルダウンリストを連動させる方法


【参考情報】プルダウンに関連するページ
「データの入力規則」や「プルダウン」など、エクセルの機能をフル活用して、管理しやすいユーザー入力リストを作成する方法このページを見た人は以下のページもチェックしています

Excel カレンダー無料ダウンロード

INDIRECT関数

Excel関数 アルファベット順一覧表

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

エクセルニュース

アクセスランキング