Excelist HomeExcel 入門Excel 基本Excel 関数Excel TipsCSVファイルダウンロード
エクセル特集Check! | プレゼント・キャンペーン情報 |  Excel ショートカット |  ガイドブック | リンク |  お問い合わせ |  更新履歴 
 Home > Excel 関数 > SUM関数

Excel関数:

-SUM関数-

エクセルのSUM(サム)関数は、指定した数値を全て合計した値を表示する関数です。



SUM関数の書式

=SUM(数値)

SUM関数の使い方

例として、A1〜C5セルに数値が入った表を用意します。

Excel関数 SUM

E1セルに「=SUM(A1:C1)」と入力すると、200+548+10=758と一行目を全て合計した結果を表示します。

Excel関数 SUM

横方向だけでなく「=SUM(A1:A5)」と入力することで、200+6582+23+1116+526=8447とA列を全て合計した結果を表示します。

Excel関数 SUM

もちろん、縦、横だけでなく「=SUM(A1:C5)」と入力することで、指定した範囲を全て合計した結果も表示します。

Excel関数 SUM

また、範囲の分割指定も可能です。「=SUM(A1:A5,C1:C5)」と入力することで、A列(200+6582+23+1116+526)とC列(10+654+2548+33+91)を合計した結果も表示します。

Excel関数 SUM

指定した範囲内に文字列がある場合は無視して計算します。

Excel関数 SUM

「=SUM(C1:C5)」と入力した結果、数値は10と91しかないため101と表示されます。

このページを見た人は以下のページもチェックしています

Excel カレンダー無料ダウンロード

Excel関数 アルファベット順一覧表

関連するExcel関数

AVERAGE関数
平均を求める関数です。

AVERAGEA関数
文字列を0として平均値を求める関数です。

AVERAGEIF関数
条件付き平均のセルを求める関数です。

AVERAGEIFS関数
複数の条件に一致するすべてのセルの平均を求める関数。

DSUM関数
条件に一致するデータだけを合計する関数です。

MEDIAN関数
指定したデータの中で真ん中の位置にある値を求める関数です。

MODE関数
指定したデータの中で一番頻繁に出てくる値を求める関数です。

SUMIF関数
範囲の中で条件に合うセルの合計を求める関数です。

SUMIFS関数
複数の条件に合致したセル数を求める関数です。

SUMPRODUCT関数
先ず掛け算、続いて足し算をする関数です。

* ?(ワイルドカード)
文字列の検索時や置換時に使用します。

Yahoo!ブックマークに登録 このエントリーをはてなブックマークに追加

エクセルニュース

アクセスランキング