エクセルのお悩みココで解決!
お役立ち情報が満載!
http://www.excelist.net/
Excelist.net > 関数辞典

はてなブックマークに追加 エクセルのお役立ち情報満載!

SUM関数

エクセルのSUM(サム)関数は、指定した数値を全て合計した値を表示する関数です。


SUM関数


SUM関数の書式

=SUM(数値)

SUM関数の使い方

例として、A1~C5セルに数値が入った表を用意します。



E1セルに「=SUM(A1:C1)」と入力すると、200+548+10=758と一行目を全て合計した結果を表示します。



横方向だけでなく「=SUM(A1:A5)」と入力することで、200+6582+23+1116+526=8447とA列を全て合計した結果を表示します。



もちろん、縦、横だけでなく「=SUM(A1:C5)」と入力することで、指定した範囲を全て合計した結果も表示します。



また、範囲の分割指定も可能です。「=SUM(A1:A5,C1:C5)」と入力することで、A列(200+6582+23+1116+526)とC列(10+654+2548+33+91)を合計した結果も表示します。



指定した範囲内に文字列がある場合は無視して計算します。



「=SUM(C1:C5)」と入力した結果、数値は10と91しかないため101と表示されます。


関連性の高いページ

機能別、エクセル関数一覧表
Check!! このページの関数と同じような機能をもつエクセル関数をまとめました。

種類別、エクセル関数一覧表
Check!! このページの関数と同じような種類のエクセル関数をまとめました。

アルファベット順、エクセル関数一覧表
エクセル関数をアルファベット順にまとめました。

エクセルを使いこなそう!Excelist.net
関連性の高いページが検出されない場合はトップページを掲載しております。

このページを見た人は以下のページもチェックしています

エクセルテンプレートの無料ダウンロード
エクセルの技(TIPS集)
エクセル関数辞典

↑ PAGE TOP