Excelist.net > エクセルの基本 > 四則演算

四則演算

【エクセルの基本をマスターしよう】

Excelで四則演算をする際は、「+」と「-」は通常の四則演算どおりの記号を使いますが、「×」と「÷」は以下のように記号が異なります。

エクセルの四則演算について学んでいきましょう。


四則演算とは


四則演算とは


「×」の代わりに「*」を使います。

「÷」の代わりに「/」を使います。

それでは、以下の売上表を利用して、1月の売上額を計算してみましょう。



E5セルに「=B2*B5+C2*C5+D2*D5」と入力します。



上記の状態でキーボードの「Enter」ボタンを押すと…

計算結果がE5セルに表示されました。



それではもう一つ!

B8セルに1月から3月までの鉛筆の月平均の売上数量を計算します。



B8セルに「=(B5+B6+B7)/3」と入力します。



上記の状態でキーボードの「Enter」ボタンを押すと…

計算結果がB8セルに表示されました。



当サイトでは、数式の入力は大文字を利用しておりますが、数式は大文字でも小文字でもどちらで入力しても問題ありません。

↑ PAGE TOP