Excelist.net > 関数辞典

ASC関数

エクセル関数辞典のページでは、解説画像や練習問題などを含め、エクセル関数をわかりやすく紹介しております。

エクセル関数は難しいように感じますが、ポイントをおさえればエクセルを便利に快適に使いこなすことが出来る素晴らしい機能です。このページで一緒にエクセル関数の勉強をしていきましょう。

エクセルのASC(アスキー)関数は、全角の文字列(英数字、カタカナ)を半角の文字列に変換します。この逆で半角の文字列(英数字、カタカナ)を全角の文字列に変換する場合はJIS関数を使用します。

ASC関数


ASC関数


ASC関数の書式

=ASC(文字列)


ASC関数の使い方

B1セルに「=ASC(A1)」と入力すると、A1セルのTOYOTAが全角から半角に変換されて表示されます。



同様に、B2セルには「=ASC(A2)」、B3セルには「=ASC(A3)」、B4セルには「=ASC(A4)」と入力してあります。

ひらがなと漢字は全角文字のため半角文字には変換されません。


ASC関数の練習問題

A1セルには全角カタカナで「フジテレビ」、A2セルには漢字と全角カタカナが混合した「日本テレビ」、A3セルには半角カタカナで「ハンカクカタカナ」と入っているエクセルシートがあります。


B1セルに「=ASC(A1)」
B2セルに「=ASC(A2)」
B3セルに「=ASC(A3)」
とそれぞれ入力し、隣のA列の文字列をエクセルのASC関数で半角に変換してみましょう。さて、どのように変化するでしょうか。

答えは「ASC関数の練習問題(解答ページ)」でご確認いただけます。

↑ PAGE TOP