Excelist.net > 関数辞典

IFERROR関数

エクセル関数辞典のページでは、解説画像や練習問題などを含め、エクセル関数をわかりやすく紹介しております。

エクセル関数は難しいように感じますが、ポイントをおさえればエクセルを便利に快適に使いこなすことが出来る素晴らしい機能です。このページで一緒にエクセル関数の勉強をしていきましょう。

エクセルのIFERROR(イフエラー)関数は、エラー表示を非表示にする関数です。

IFERROR関数


IFERROR関数


IFERROR関数の書式

=IFERROR(値,エラーの場合の値)


任意の値、式、または参照を指定します。

エラーの場合の値
任意の値、式、または参照を指定します。

IFERROR関数の使い方

以下の成績表を利用して、個人別の前年比を求めると、前年「0」の安達さんは「#DIV/0!」エラーが表示されてしまいます。



入力漏れで「0」の場合は、エラーが表示されることで入力漏れに気がつくのですが、この「0」という値は入力漏れではなく、安達さんの成績だとしたら「0」から変えることは出来ないのでエラーが表示されたままになってしまいます。

ここで利用すると便利なのがIFERROR関数です。

指定した数式やセル番地がエラー表示の場合、表示させる内容を指定することが出来るのです。

D2セルへ「=IFERROR(C2/B2,"前年「0」")」と入力し、D7セルまでオートフィルで数式をコピーすると、安達さんの欄に「エラーの場合の値」で入力した内容が表示されました。



↑ PAGE TOP