Excelist.net > エクセルの技

エクセルで記号を入力する方法

【エクセルの技特集】
エクセルを使っていて「困った」ことはありませんか?

このページでは、皆さまの「困った」を一つでも多く解決できるよう、いろいろな使用状況に応じたエクセルの便利な使い方を紹介していきます。

℃、≠、ё などの記号をエクセルで入力する方法をご紹介いたします。

エクセルで記号を入力する方法


エクセルで記号を入力する方法


先日、facebookページの読者の方より、「エクセルで"度の記号(℃)"を入力する方法を知りたい」とご連絡を頂きました。65歳の定年後にパソコンを始められ、エクセルで日々の体温の記録をつけているそうですが、数字でしか体温を入力していないこと。ふと、℃を入力したいと思われたそうですが、どのように入力すれば良いかわからないとのことでした。

文字の入力はエクセルなどのアプリケーションではなく、IMEなどの文字入力によるものですが、ちょっと難しそうに思われたので簡単に紹介していきたいと思います。パソコンに慣れた方には物足りないかと思いますが、ご了承ください。

まず、度の記号(℃)は、パソコンのキーボードで「ど」と入力して変換キーを押せば表示されます。このほか、エクセルの記号入力は以下の方法があります。これらの入力はエクセルのみの機能ではありませんので、ワードやメモ帳でも入力することが可能です。

「℃」を「ど」以外の方法で入力する方法は、「たんい」と入力して変換キーを押すことで表示されます。このほか、いろいろな単位が表示されますのでお試しになってみてください。


「たんい」と入力して変換キーを押すと。。



変換の候補に「℃」が表示されました。



このほかには、「いこーる」と入力して変換キーを押すと「=」だけでなく「≠」や「≒」も変換の候補に表示されます。



このほか、「きごう」と入力して変換キーを押すと「〇」や「☆」も変換の候補に表示されます。「〇」は「まる」、「☆」は「ほし」でも変換することが出来ます。


ぜひ一度、お試しになってみてください。
これらの記号は、使用するパソコンなどの環境により正しく表示されない場合もありますのでご注意ください。

↑ PAGE TOP